徒然草紙~神社とか小説とか~

神社仏閣巡り・小説・歴史考察・石談義など、ごった煮ブログです。ちょっとトンデル時もあります(笑)。

Archive [2007年08月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

拍手交換(2)

 お約束どおり、安徳王延宗嫁取り話を二話に交換しました。 ……まだ、三話書いてないんですよね(-_-;)。 ちなみに、高歓ジジと婁昭君ババのお話も続き書いてない(汗)。 これから、頑張って書きます(でも、来週初めに鳥取に行くので、あまり頑張れないけど。汗)。 ……ちなみに、延宗結婚話の一話に間違いがありまして、李翠璋の父の李騫ですが、実は文宣帝の時代には死んでいます(汗)。 とりあえず、二話では李騫は死んで...

拍手交換

 高歓ジジと婁昭君ババの連載お題小説を交換しました。 この前のは、高歓が大丞相になっている設定のお話でしたが、今回のお話は高歓が爾朱栄の部下だった頃の設定で書いています。 昭君さんが爾朱栄におちょくられています。 ついでに、この話は「03.藻掻いて足掻いて」に続きます(なんかちょっと、裏すれすれのお話になりそうな予感が……。汗)。この話、宇文泰も登場させる予定です。 八月中頃には、延宗結婚話も第二話...

また訂正(泣)

 木蓮の涙の第二話、再度訂正しました(泣)。 第二話の段階で、李昌儀は既に高澄の妾という風に書いていましたが、高愼が西魏に走るのは第二次芒山の戦いの前……つまり、543年なんです。わたし、第一次芒山の戦い(538年)と勘違いしていました(汗)。 高愼が離反する記事を「北史」や「北斉書」の斉本紀に見つけられなくて、じゃあ第一次芒山の戦いで李昌儀は捕虜になるのかな、と思っていたんです。 が、彼女が捕虜に...

「木蓮の涙」の訂正

 新たに解った「薛眞度の妻・元氏」のことや、「高愼の妻・李昌儀」のことを「木蓮の涙」第二話に盛り込み、「薛氏の令嬢」「韓氏の妻」のエピソードを削除しました(PC・携帯両方とも)。 やはり、実際に起こったエピソードのほうが、わたしの生半可エピソードより面白いに決まってますww。 この高澄と李昌儀のエピソードは、実は書いてみたかったりします。 あと、文宣帝と彼の姉婿である北魏の皇族・彭城王元韶とのホモい...

わたしのプライド

 どんなにうつだろうが、へこんでようが、不満があろうが、ネット上に「自分可哀相」モードは出さん!! ……ていうか、格好悪いじゃないですか。しみったれて、じめじめくよくよするのは。 むっちゃくちゃうつだろうが、表面は出来るだけ明るく、ポジティブに、をモットーにしています。 まぁ、格好つけなんでしょうな(笑)。 「自分可哀相モード」を出すのは、「わたし可哀相でしょ? だから、かまってかまってw」と気を引...

右サイドメニュー

BlogPet

ブログ内検索

ぶろぐにゃんこ

マウスでクリックしたり、ドラッグして顎の下を撫でて上げて下さい。ごろごろ鳴きますvv。

クリック募金

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。