徒然草紙~神社とか小説とか~

神社仏閣巡り・小説・歴史考察・石談義など、ごった煮ブログです。ちょっとトンデル時もあります(笑)。

Archive [2008年04月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

自分の目を研ぎ澄ます事

 ……まぁ、スピリチュアルのことを叩きまくったので、ここでわたしの思う「理想的なスピリチュアル像」。 ・ジャッジメントを怖がらない――ガンガン審神者して、自分のまえに出てきた存在が本物か嘘者かの辻褄をちゃんと突き詰めていって欲しい。「ノンジャッジメント」なんて甘ったれた事を言わないで、自分や他人に対するジャッジもすること。そうでないと、虚偽と邪悪に塗り固められた人物に捉われてしまう。ジャッジなしに降霊...

汝、毒に侵されるなかれ

 わたしがおとついのブログで散文として書いたものが、精神分析医の手によって書かれていました。平気でうそをつく人たち―虚偽と邪悪の心理学(1996/12)M.スコット ペック商品詳細を見る「あなたを傷つける人」の心理 きずな喪失症候群 (PHP文庫)(2005/10/03)加藤 諦三商品詳細を見る 二つの本にある「邪悪な人」と「きずな喪失症候群の人」は同種の人です。 「平気でうそをつく人たち」のM・スコット・ペックは、「邪悪な人」を...

本当の「闇」とは

 「驕り」と「慢心」、「度を超した自己愛(ナルシシズム)」「自我の肥大に一生気付かないこと」以外の何物でもない。 「怒り」「悲しみ」「苦しみ」「嫉妬」「思い癖」は、正常なこころを持っているか、まっとうな癒しの過程を経たのなら、いつかは光に変わるもの。 が、「驕り」と「慢心」は、その闇に陥っている本人自身、なかなか気付きにくい。「驕り」と「慢心」に目くらましされているから。 「自分は完全だ」「自分は...

否定するべきものなど、何ひとつない

 こころの痛み、悲しみ、怒り、嫉妬……スピ世界では「エゴ」と見なされ、手放さなければならないとされているものだけど、その感情は否定するべきものじゃない。 悲しみ・苦しみ・怒り・嫉妬と直に向き合い、じっくり味わってみたらいい。その感情がどうして、なぜ出てくるのか、吟味してみたらいい。 そして、その感情を噛んで噛んで味わったらいい。 その感情が出てくる原因があるのなら、そこを注視し、「自分の傷」を暖かい...

わたしがミクシィにいる理由

 それは、やはり「アスペルガー症候群」について色々知る事ができるからだろうなぁ、と思います。 わたしが感じ苦しんでいることを、同じように感じて苦しんでいる人がいる。場合によっては意見交換も出来る。だから、居ていて安心するんです。 趣味のことでも、情報を色々もらえたりするし。 わたしの場合、ミクシィに居るのはそこが「情報源」だからです。 お友達を増やしたいという思いは、あまりありません。 どちらかと...

CD「瀬織津姫」(改訂版)・和の音楽

瀬織津姫(2006/11/01)山下和美商品詳細を見る(こちらで試聴できます) ううぅ、わたしの抱いていた瀬織津姫のイメージと、ちがぁう~~!!(ノд...

「瀬織津姫~瀞~」

 「CosmoMaris ☆ Piano」を主催していらっしゃるスピリチュアル・ピアノ奏者・Shinoさんが出されているピアノCDに、「瀬織津姫~瀞~」という一枚があります。 Shinoさんは昨年に「瀬織津姫~祓~」という祓戸大神による祓のCDを出されていましたが、色々制約が多く難しい曲みたいなので、なんとなく手を出せないでいました(ほら、わたしって小心者だし。笑)。 で、今年初めに新しく出された「瀬織津姫~瀞~」はわたしで...

瀬織津姫神社巡り~酷道・腐道を行く~

 4月15日、おとんに車で瀬織津姫を祀る京都市の神社に連れて行ってもらいました。 最近、ちょっとした瀬織津姫ブームが起きていて(いや、ブーム自体はもう5年前から起きてるんだけど。汗)。 今回行った神社は、京都市北区にある「岩戸落葉神社」と「大森賀茂神社」です。 ここには、御室から国道162号線・周山街道を北上し、清滝川沿いに高雄を通り抜けて行きます。 京都市の盆地部では、遅咲きの八重やしだれ以外も...

小説を色々更新

 一週間前にアップしていた文襄六王のお題小説「大事なヒト」と、「散桜色」を本日携帯サイトに載せました。 「大事なヒト」は、東魏時代に高歓に逆らった高愼の息子・士隆の目線から見た河間王孝エンのお話です。 ……まぁ、士隆はわたしの創作の人物なのですが(^^ゞ。 この話、「蘭陵王」「木蓮の涙」「燃える月」の盛大なネタバレをしています(大汗)。この話を読めば、「蘭陵王」がこれからどういう展開をしていくか解るか...

低温やけど・その後

 先々週の土曜日に負ってしまった低温やけどでしたが、まー大した事ありませんでした(爆)。 初め三日間は真面目に手当てに通い、5日目くらいに傷跡を見た初診の先生が、「……あれ?? 深度2度やったはずなんやけどなぁ……」 と思いっきり首を傾げてました。 ちなみに、深度2度は二段階あって、軽いのがやけど箇所が水脹れだけで終わるやつで、重いのは水脹れが破けたあとに真っ黒こげこげ状態の皮膚が出てきます。だから、...

右サイドメニュー

BlogPet

ブログ内検索

ぶろぐにゃんこ

マウスでクリックしたり、ドラッグして顎の下を撫でて上げて下さい。ごろごろ鳴きますvv。

クリック募金

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。