徒然草紙~神社とか小説とか~

神社仏閣巡り・小説・歴史考察・石談義など、ごった煮ブログです。ちょっとトンデル時もあります(笑)。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビの功罪

 今日から連続で、夕方の関西ローカル番組でアスペルガーに関する特集がされています。
が、わたしはそれを見て、気分が悪くなりました。
ちょっと、愚痴っぽい日記なので、注意してください。







 新聞のテレビ欄に「アスペルガー症候群の支援が進む英国」とあったので、どんなものかな~~と思い、見てみました。
が、シリーズのタイトルが「アスペルガー症候群と犯罪」となっていて、嫌な予感がしました。
空気が読めず、こだわりが強いアスペは、いじめや詐欺に遭いやすいので、アスペの人はほとんどが被害者なのだ、と前置きしたうえで、

「アスペは記憶力がよく過去にあった出来事を忘れられないので、いじめられたことをフラッシュバックしやすく、恨みを晴らすため凶悪犯罪を犯しやすい」

という主旨のお話でした。
イギリスでは犯罪を犯したアスペで、更正の余地がありそうな人は、更正・社会復帰用の病院に入院し、普通の生活が出来るようになるまで過ごさせるそうです。
入居者が10人強であるのに、専門のスタッフが90人配置され(何かをしでかさないための、見張りですか)、買い物などで外に行く場合以外は、玄関に鍵を掛けていました(猛獣を檻に閉じ込めるんですか)。


確かに、アスペの人は過去の出来事が忘れられず、いやな出来事が昨日の事のように思い出されたりします。
が、そのときの発露の仕方は色々で、自分をいじめる人(リスカ・ODなど)や、他の物や人をいじめる(暴れる・物に当たる・家庭内暴力に走る)人と様々です。
だから、フラッシュバックが起こったときに、人の命に危害を加える可能性があることは、完全に否定できません。
そういうとき、更正する専門の施設が日本にも必要なんじゃないか、という話は理解できます。
が、番組のなかに

「アスペはフラッシュバックしやすいから、定型発達者より犯罪を犯しやすい」

という目線を一貫して感じられて、嫌でした。
この放送で、アスペ=危険因子と視聴者に差別的に見られそうで、辛いです。
アスペかもしれない人が病院などで告知されて、事実を受け入れられず、自分を嫌になったりする原因は、マスコミによる過剰な「アスペと犯罪の因果関係報道」もあると思います(わたしは告知前からアスペかも、と思っていましたが、その部分を一方で否定した理由は、そういうところからでした)。
アスペが犯罪を犯すとして、その背景にいじめや社会恐怖・不信があるとしたら、

「犯罪を犯すまでの人生経験を積むことを余儀なくさせてしまった社会の歪み(教育や家庭など)」

を、テレビは犯罪とともに重要視するべきではないでしょうか。


今の世の中は、多数派に都合のよい流れ(学歴・偏差値社会。スピード・能率を求める職場。世渡り上手でないと生きていくのに不都合が生じやすい仕組み)になっているので、少数派には生きづらいです。
だから、少数派は社会との不適合を感じさせられて、二次障害が出てきたりするわけです。
少数派でなくても、うつ病やひきこもりが増えるわけです。
(大体、多数派と少数派という線引すること自体、差別のはずですよ。)

ある意味、フラッシュバックによって引き起こされた犯罪も、二次障害になるのではないでしょうか(さすがに、人殺しは正当化できませんが……。被害者やその家族はたまったものではないし)。


今の世の中の「おかしさ・狂い」がクローズアップされ、社会の歪みが矯正されてマイノリティがマイノリティでなくなり、誰にでも生きやすい世の中が作られるのを、願うばかりです。
スポンサーサイト

*Comment

 

確かに弱いものいじめが蔓延っている世の中になってきている事は否定できない また昨今のいじめ問題もしかり 誰かが立ち上がらなければこういった問題は間違った方向に行きがちです そういった世の中にはしたくないですね もっと社会的悪をしている人、企業にメディアは矛先をむけてもらいたいと願っています
  • posted by サンタ 
  • URL 
  • 2007.01/14 19:53分 
  • [Edit]

 

確かに、誰かが立ち上がらないと、今の世の中の狂いを止められないですよね。
高度経済成長などで欧米などに恥ずかしくない日本にするために、日本人は精神性を忘れて「エコノミック・アニマル」と揶揄されるほど働きまくりました。
家庭はご飯食べて寝るだけの場所になり、核家族化して鍵っ子が出てくる、食卓の団欒に人が揃わなくなるくらい家族の接触が少なくなる。
だから、子供は愛の受け取る量が少なくなって歪みはじめる。プラス、学歴社会で期待ばかり掛けられる。
学校で生徒に差が出てきて、ぎすぎすしてくる。
そして、学校・会社問わず弱い者いじめが出てくる。
バブルが崩壊してからは、雇用体系が崩れてリストラの嵐。高学歴でも雇用先が見つからなくなる。
大学が最終目的だから、その先の展望が見えず燃え尽きる。
様々な要因が重なってニートや引きこもりが増える……と、戦後から降り積もってきたものが、今になって膿になって出てきているようにも思えます。
(こういうことを家族に話すと、「あんたの話は難しいわ(´Д`)」と引かれてしまいます。笑)

誰が今の世の中を止められるのか……。
現在の政治家には、なんか無理っぽいような気がします。
だったら、ひとりひとりが声を上げたらいいのか……それを、どれだけの威力があるのか、ちょっと解りません(汗)。

あぁ、何だかお先真っ暗なようなことを言ってるな(・・;)。
  • posted by 長谷川彰子 
  • URL 
  • 1970.01/01 09:00分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://ashera.blog105.fc2.com/tb.php/112-1c22a379

右サイドメニュー

BlogPet

ブログ内検索

ぶろぐにゃんこ

マウスでクリックしたり、ドラッグして顎の下を撫でて上げて下さい。ごろごろ鳴きますvv。

クリック募金

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。