徒然草紙~神社とか小説とか~

神社仏閣巡り・小説・歴史考察・石談義など、ごった煮ブログです。ちょっとトンデル時もあります(笑)。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蘭陵王のページの整理

 を、ちょこちょこ始めています。

 「Precios Love」の加筆訂正をして壁紙を変えたり、「孤高の花」も加筆修正・壁紙変えをしました。
 現在は、蘭陵王本編の加筆修正をしています。

 ……というか、これを終わらせないと、携帯サイトの蘭陵王のページをリニューアル出来ないというか。
 携帯サイトのリニューアル出来ない=「木蓮の涙」を載せられない、ってことですし(中途半端が嫌いですねん。泣)。



 それと、拍手のお礼小説を一本あげました。

 蘭陵王のジジババ、高歓と婁昭君夫婦の徒然話、といった感じです。
 ……何気に、高歓のお妾さん品定め話ではありますが。

 最初「いっぱいいっぱい」というお題で話を書いていたのですが、話が「いっぱいいっぱい」っていう感じではなくなったので、あとのほうに控えているお題名に変えました。
 ……でも、「愛情表現」というお題も妥当かどうかは、解りませんが(微妙なお話なんですよ。汗)

 前の日記にも書いたのですが、わたしはこの夫婦が大好きで、設定だけ持っているのに書けないが悔しくて、こうしてお題小説でエピソードを書いていくことにしました。
 一応、拍手で連載するつもりです。


 でも、うちのサイトを読んでくださっているお客さんは、「佳人炎舞」の話で拍手お礼小説を読みたいだろうな、と思いますが、「佳人炎舞」は何気なく普通に、というシチュエーションを作り難いお話だったりするんですよ。
 キャラクター達の独白、というのなら、書けそうですが。


 蘭陵王も、加筆修正したら、もうそろそろ動き出そうかな、と思っています。
 蘭陵王の兄弟たちが、まだ出ていませんしね。
 ……うちとこの文襄六王は、ちょっと曲者が揃っているかな?(笑)。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://ashera.blog105.fc2.com/tb.php/156-2fe82bd0

右サイドメニュー

BlogPet

ブログ内検索

ぶろぐにゃんこ

マウスでクリックしたり、ドラッグして顎の下を撫でて上げて下さい。ごろごろ鳴きますvv。

クリック募金

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。