徒然草紙~神社とか小説とか~

神社仏閣巡り・小説・歴史考察・石談義など、ごった煮ブログです。ちょっとトンデル時もあります(笑)。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンライン小説・携帯小説一考

 わたしは、「オンライン小説」「携帯小説」を書いている人間です。

 以前は、台詞のあとに一行空ける、という書き方ではなく、ひとつの場面が終わるまで何行かの改行はしませんでした。
 それというのも、将来投稿しようかな、と思っていたことがあり、「紙媒体(雑誌・単行本など)」を意識した書き方をしていました。

 今は、完全に「ネット媒体で」と意識した文章の見せ方をしています(将来、コピー誌なり自費出版なりするときは、紙媒体用に改訂しますが)。

 見開きで読む「本」と、横書き・縦スクロールで読む「ネット媒体」では、「見せ方(というか、画面的戦略)」が違います。
 「本」なら大丈夫な台詞と地の文が詰まっている文章でも、ネットなら読みにくい印象を受けます。
 ネットで見せる「戦略」としては、話上ウエイトを置く台詞やシチュエーションの前後に五行ほど(携帯なら三行ほど)行スペースを空けるというのもあります。
 だから、必要な場所でたくさんの行スペースを空けるのは、わたし的には「あり」だと思っています。


 が、最近の携帯小説にありがちな、必要ないのに段落が変わるたびにスクロールしなきゃいけないほど空白があるのは、わたし的には見苦しいです。自分的好みな小説でそれをされたら、

「せっかくいい観点・発想なのに……」

 と幻滅するというか……。
 書き手は焦らしだと思って、狙ってやっているかもしれないけれど、読み手からしたらかなりイライラします。
 で、そういうタイプの小説に限って、地の文がつたないです。ポエムかよ、みたいな。

 わたしも地の文が多いとはいえませんが(汗)、台詞ばかりではなく描写や感情を文章で現す努力はしたほうがよいと思われます。
 それには、「文章を書く練習」をしなきゃいけません。

 わたしも、小説を書くために「小説を書こう!」とか「文章作成法」などの本や、文法の本を読んできました(まだまだこなれていないところはあるけれど。汗)。
 改訂前の「蘭陵王」本編と、最近改訂したばかりの「蘭陵王」本編では、文章が違うと思われます。……前に載せていたのは、プロットを文章で書き始めたばかりの頃のなんですね。
 有間皇子小説「愛は浮雲の彼方に」くらいから本格的に小説としての文章を書くことを心がけ始め、「佳人炎舞」では耽美・美文を意識していました。
 現在は、自分の文体というのが出来上がってきたようで、まぁ、美文調だと思うのですが、自然に書いている、といった感じです(でも、たまには文章作成法の本や、文壇の作家先生の本も読めよ、自分)



 あと、携帯小説に見受けられる、頭の痛い現象に対する苦言を何点か。

 顔文字は全体的にウザイです。
 半角記号(vVなど)は、漫画ちっくな空気のように軽いライトノベルの「きゃぴきゃぴ系女性キャラ」に、性格づけとして使うなら、まぁ、許せないこともない……かな? と思ってます。


「イヤァン旦那さまぁ、あたし、そんなの困っちゃいます~~vV」
 
 という感じで(vVを///に変えたりとか。わたしの小説では出る幕ないな、こんな表現。苦笑)
 描写や感情表現などの地の文も徹底的にきゃぴきゃぴにすると、いい感じになったり。
 ただ、そのキャラが出てくるたびに、わたしなら「出てくんな!」とキレそうだけど(笑)。読者にウザがられる嫌われキャラを目指すなら、いいと思います。
 ただし、小説一本全般的にこの調子では、本気で作者や小説自体が読者に嫌われます(わたしは嫌だ。汗)。


 台詞の後に「(笑)」とかも、小説ではNGですね。冷めます。


 「ギャル文字」や「顔文字」を小説に挟んでくるのは、いただけないです。見苦しい。
 それに、わたしオバハンだからギャル文字読めないし(だから、感想下さる方、なるべくならギャル文字小文字「ぁたし」とかは、勘弁願いたいです。ホンマおばはんなもんで……。汗)。

 あと、どうでもいいけど、何で最近の携帯小説は皆字が小さいんだろう……。字が小さいと目が疲れるよ……(泣)。



 老婆心ながら、小説を書く人に個人的に言いたいことといったら、

「段落の始めは一マス空けましょうね。三点リーダーの使い方間違えちゃだめよ」

 て感じです。




 小説になっていない「携帯小説」が持て囃される現在(「え、こんな小説が?!」という文章のなってない携帯小説が書籍化されて、映画にもなるんだよね……。汗)を、苦ぁ~く斜めに視ながらの苦言でした。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://ashera.blog105.fc2.com/tb.php/177-7fe79893

右サイドメニュー

BlogPet

ブログ内検索

ぶろぐにゃんこ

マウスでクリックしたり、ドラッグして顎の下を撫でて上げて下さい。ごろごろ鳴きますvv。

クリック募金

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。