徒然草紙~神社とか小説とか~

神社仏閣巡り・小説・歴史考察・石談義など、ごった煮ブログです。ちょっとトンデル時もあります(笑)。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐世保事件と津山事件

 ちょうど一ヵ月半前、山岸凉子の「負の暗示」(昭和初め頃に実際にあった大量殺人事件「津山三十人殺し」を題材にした漫画)のレビューを書きましたが、今回起きた佐世保の事件、何だか似ています。
 犯人が人を殺めたあとに逃走したとニュースで知り、津山事件と妙にだぶって見えたわたしは

「まさか自殺しないだろうな」

 と案じましたが、そのとおりになりました。


 スポーツクラブに乗り込んだときの犯人の服装はヘルメットに迷彩服だったといいますが、津山事件の犯人はふたつの懐中電灯を角のように鉢巻きで装着して、詰め襟の学生服にゲートル巻きという、戦時中の軍服姿でした。

 五年前に仕事を辞めてから引きこもり状態になった佐世保の犯人は、迷彩服を着た状態で散弾銃を手に近隣を徘徊していたといいます。津山事件の犯人は差別にあうようになってから猟銃を収集し、集落の人にちらつかせているという奇異な行いをしています。

 また、同級生たちをスポーツクラブに呼び出して殺そうとした動機に怨恨があるかどうかは解りませんが、津山事件の犯人は怨恨で三十人を殺しました。

 肺尖カタルを患っていた津山事件の犯人は、ある意味集落の人を道連れに無理心中したともとれますが、佐世保の事件の犯人も、あるいは同級生を道連れに無理心中しようとしたのかもしれません(結局、殺めることができたのは、来てくれた男性と、無関係な女性インストラクターで、犯人の目論みは破れたといっていいのかもしれませんが。*追記あり)。



 わたしは津山事件を知ったとき、とても怖く感じましたが、あれから時代も思考も変わった現代だというのに、同じような事件が起こり得るということに恐怖を感じます。


 あるいは、人の闇はどれだけ年月が経っても変わらない、ということなのかもしれません。



 亡くなった方の御冥福をお祈りします。




 *追記
 殺められた女性、まったく無関係だったわけじゃないみたいですね。
 犯人が一方的に妄執をぶつけていたみたいです。
 そういうところも、津山の犯人くさいといったら、そうなんですが(-_-;)。
スポンサーサイト

*Comment

 

足跡から来ました~。
津山事件との関連性に気がついてるひとがいたんだなぁと思ってカキコしました。
意外と?誰も言ってないですね。
犯人が生きてたり、被害者が怪我ですんだり、もうすこし事件の理由がわかるとよかったんですけどね。
(´・ω・`)
  • posted by よっしー 
  • URL 
  • 2007.12/19 02:00分 
  • [Edit]

はじめまして♪ 

>よっしーさま

はじめまして、長谷川彰子です。

>意外と?誰も言ってないですね。
犯人が生きてたり、被害者が怪我ですんだり、もうすこし事件の理由がわかるとよかったんですけどね。

ミクシィの日記や2chではちょこちょこ書かれていますが、マスメディアには出てきませんね。
何かにつけ、アメリカ型銃犯罪と言われていますが、既に昭和初期にそういう事件が起きていて、アメリカ型もクソもないだろう、と言いたいですよ。
銃が人を狂わせるんじゃなくて、もともと人のこころの持っている闇が、暴発しただけなんだって、どうして考えないんだろうと、マスコミに言いたいです。

とにかく、ライフル所持に関しては、徹底的に精神鑑定してから許可するなりしてくれ、と国家に言いたいです。
  • posted by 長谷川彰子 
  • URL 
  • 2007.12/19 17:29分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://ashera.blog105.fc2.com/tb.php/194-4eb8d742

右サイドメニュー

BlogPet

ブログ内検索

ぶろぐにゃんこ

マウスでクリックしたり、ドラッグして顎の下を撫でて上げて下さい。ごろごろ鳴きますvv。

クリック募金

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。