徒然草紙~神社とか小説とか~

神社仏閣巡り・小説・歴史考察・石談義など、ごった煮ブログです。ちょっとトンデル時もあります(笑)。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柴咲コウのベストアルバム

 柴咲コウのベストアルバム、ずっと聴いています。


Single Best (DVD付初回限定盤)Single Best (DVD付初回限定盤)
(2008/03/12)
柴咲コウ、RUI 他

商品詳細を見る



 「Single Best」には柴咲コウの今までリリースしたシングル曲が入っていますが、当然RUIの「月のしずく」も入っています。
 わたしが購入したのはPVセレクションDVDの付いた初回限定盤ですが、また「月のしずく」のPVが幻想的で、まさかここまでイメージ通りとは、とちょっとびっくりしました(でも、映画「黄泉がえり」に使われた画像の流用らしいので、どちらかというと「黄泉がえり」のイメージなのかもしれませんが。汗)。
 わたしは何度か瀬織津姫関係の小説を書くとき「月のしずく」を聴いていると日記に書いていますが、PV画像でRUIが滝をバックに歌っているんですよね。また、途中に神秘的な童女が出てきて、「まさか、瀬織津姫?!」と勝手に盛り上がっていました(思い込み激しいです。爆)。

 あと、「Single Best」には今までアルバムに収録されなかった、ドラマ版セカチュー主題歌「かたちあるもの」も入っています。
 ……が、「かたちあるもの」のPV、歌詞の内容と全然合ってないじゃん! とツッコミ入れたくなるものでした(笑)。

 個人的に好きな曲はドラマ版砂時計の主題歌「ひと恋めぐり」ですね。

 あと、インパクト強すぎて、好きな上に脳みそ持ってかれてしまったのは、ドラマ「白夜行」の主題歌「影」でした。
 この曲のせいで、原作とドラマDVD見ちゃいましたよ! まったく(笑)。



The Back Best DVD付初回限定盤The Back Best DVD付初回限定盤
(2008/03/12)
柴咲コウ

商品詳細を見る



 「Back Best」はシングルのB面曲や柴咲コウ一押しの曲で編成されています。

 わたしがこのなかでやはり好きなのはRUIの「泪月~oboro~」です。やっぱり瀬織津姫関係の小説を書くときに聴いています。




 わたしは小説を書くときにかなりこだわりがあり、「この音楽をお供に書かなきゃダメ!」みたいなのがあります。
 「蘭陵王」の裏小説である「燃える月」は、鈴木雅之氏の昔の曲(「白夜」とか「愛苦」とか「くちづけ」とか)を聴きながら書いています。
 やはり、大人な世界を書くときは大人なバラードがいいよな! みたいな。

 「蘭陵王」に関しては色んな曲を聴いてまして、カーペンターズの「Super Ster」とか、中西圭三の「非情階段」や「眠れぬ思い」などです(昔中西にはまってたんですよねぇ……)。
 中西の曲は結構色んな小説を書くときに聴いていて、有間皇子小説を書くときも聴いています。
 ここらへんで、わたしがどの頃にそれぞれの小説の原案を思いついたか解りそうなもんですが(汗)。

 「佳人炎舞」を書く時は、L'Arc-en-Cielの「fate」や「finale」、「花葬」「いばらの涙」などを聴いていました。最後のほうはアディエマスの「鎮魂歌」や「涙の歌」も聴いていましたが。

 あ、ファンタジーものを書くときにもアディエマスを聴いていますよ。

 最近書いているものは、やはり最近の曲に合わせていますが(といって、現在のヒットチャートまっしぐらな曲は間違っても選ばないけど。笑)、近くUPする蘭陵王関係お題小説「大事なヒト」は「Innocent Blue ~地果て海尽きるまで~」を聴きながら書いています。


 やはり、小説書くときにもこだわり、音楽もこだわる、ある意味アスペ道まっしぐらなわたしです。


 ……でも、「影」は他の小説を書くのにも他者さんの小説を読むのにも聴けないな、やっぱり「白夜行」の世界観しか合いません(苦笑)。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://ashera.blog105.fc2.com/tb.php/217-847398a2

右サイドメニュー

BlogPet

ブログ内検索

ぶろぐにゃんこ

マウスでクリックしたり、ドラッグして顎の下を撫でて上げて下さい。ごろごろ鳴きますvv。

クリック募金

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。