徒然草紙~神社とか小説とか~

神社仏閣巡り・小説・歴史考察・石談義など、ごった煮ブログです。ちょっとトンデル時もあります(笑)。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金星の神の足跡~原初の神から悪神へ(3)









謎の廣田神社


 廣田神社の祭神は、天照大神荒魂(天疎向津姫・瀬織津姫)です。この女神は伊勢神宮内宮の荒祭宮の祭神でもあります。廣田神社の本殿は荒祭宮が式年遷宮したあとに譲られたものらしいです。


 荒祭宮の祭祀を行ってきたのは海部氏(尾張氏)別流である磯部氏(祖は天火明神の孫・天村雲命)です。度会氏系図には、天村雲命は国常立神の十二世孫と書かれています。海部氏勘注系図では天香語山命の子が天村雲命とあります。海部氏の極秘伝には豊受大神=国常立神=天御中主神=倉稲魂神とあるので、縁があるといえます。


 廣田神社に天照大神を祀ったのは神功皇后です。天照大神の神託に、「皇后のそばに我が荒魂を置くのはよくない。我が荒魂を摂津の廣田国に置くよう」とあり、皇后は天照大神荒魂を山城根子の娘・葉山媛に斎き祀らせました。玉勝山城根子命は、海部氏勘注系図では彦火明神の九世孫になります。


 この後、天照大神の妹といわれている女神・稚日女神が「わたくしは活田長峡の国に居たい」と願ったので、皇后は海上五十狭茅命に祀らせ、事代主神も「我を長田に祀るように」と告げ葉山媛の妹である長媛を斎女にします。最後に、住吉神が「我が和魂を大津の渟名倉の長峡に祀れ」と説き、津守氏の祖・田裳見宿禰に祀らせました。


 が、「風土記逸文」の摂津国に奇妙な異伝があります。



皇后は摂津の国の海浜の北岸の広田の郷においでになった。いま広田明神というのはこれである。それ故にその海辺を名付けて御前の浜といい、御前の沖という。またその兵器を埋めた場所を武庫という。今は兵庫という。(御前の浜・武庫)



 廣田神社の女神が、神功皇后……たしかに、神功皇后が葉山媛に命じて天照大神の荒魂を祀らせています。第二脇殿には八幡大神(応神天皇・神功皇后・仲姫命)も祀られています。神功皇后と廣田神社は縁が深いので、廣田の女神=神功皇后でもいいのかもしれません。「住吉大社神代記」にも「皇后と住吉大神が密通を行っていた」とありました。


 「住吉大社神代記」には、他にこんな記事もあります。



大神が巫覡として現われ賜い、宮城を造るための材木を為奈川に流す行事を令され賜うた。この時、川に女神が居られ妻となることを欲された。また西方に近在する武庫川に居られる女神も同じように思われていた。大神は両女神に寵愛の情を成された。為奈川の女神は自身が嫡妻と思い、嫉妬なされた。女神は大石を取り妾である武庫川の女神に擲たれた。武庫川の女神は芹草を掴み引き抜いてしまわれた。ゆえに為奈川には大石がなく芹が生えた。武庫川には大石があって芹が生えなかった。両川一つに流れ合わさり海に注がれる。神威に依って為奈川は今も不浄物が入らない。木津川等を掌りまとめるのはこの縁である。



 俗にいう「うわなりうち」ですね(^o^;)。住吉神は為奈川(猪名川)の女神と武庫川の女神の両方とも手を付け、為奈川の女神が武庫川の女神にヤキモチを焼き、ライバルに石をぶん投げた、と。


 住吉神縁で武庫川の女神といったら、廣田の女神でしょうか。


 猪名川の女神は……誰? 猪名川と女神は解らないけれど、猪名川と織姫なら結びつく存在がいます。中国の呉から来た織姫・呉織(くれはとり)・漢織(あやはとり)です。豊受大神は養蚕の女神で、天照大神(女神)も織姫の要素を持っています。天女伝説は七夕とよく結びついています。荒祭宮である瀬織津姫も、織姫として現されている女神です。





織姫と秦氏


 応神天皇の時代に縫工女の兄媛・弟媛・呉織・穴(漢)織が大和に渡来します。彼女達は猪名川を遡って呉庭(くれは。池田市のあたり)に辿り着き、織物の技術を伝えたといいます(雄略天皇の時代にも兄媛・弟媛・呉織・漢織の記事あり。混線?)。伊丹は彼女たちが織物の技術を伝えたことが地名の由来になり、「糸を績(う)む→糸績→伊丹」という風に名付けられました。京都広隆寺にある「大酒神社」には、太秦明神の他に「呉織神」「漢織神」が祀られています。この女神達は、秦氏との繋がりが深いといえます。


 応神期に渡来した兄媛は宗像大社に仕え、雄略期の兄媛は大神神社に奉仕しています。


 秦氏の祖である弓月君は百済から大和に渡来していますが、秦の始皇帝の子孫だといわれています。弓月君が渡来したのと同じ年に、百済王が縫衣工女を大和に奉っています。一緒に渡来したのでしょうか。縫衣工女が大和への渡来を命じられたのは応神天皇十四年二月ですが、弓月君の渡来は同年の何月かは解っていません。大酒神社に祀られている「呉織」「漢織」が弓月君と一緒に渡来した(かもしれない)縫衣工女ならば、太秦明神とともに祀られていても、不思議ではありません。


 池田市建石にある「星の宮」は別名「明星大神宮」です。


 天皇に急な織物を頼まれた呉織と漢織は夜空の下、徹夜で機を織っていました。すると、天から流れ星が降ってきて夜空を明るく照らしました。おかげで、彼女達は無事に織物を仕上げることができたといいます。呉織・漢織と金星が、繋がりました。


 「秦氏」と「養蚕」の関係でいえば、「木島坐天照御魂神社」です。この神社の主祭神は天御中主神・大国主神・穂穂出見命・鵜茅葺不合命で、古伝では彦火明神です。木島坐天照御魂神社には有名な摂社があります。「蚕養神社(蚕の社)」です。こちらの祭神は保食神・木花咲耶姫・雄略天皇です。保食神と豊受大神(倉稲魂神)は同じ神といわれています。木島坐天照御魂神社は蚕ノ社という名前として有名ですね。摂社が本社を食ってしまったイメージがあります。


 こちらには不思議な鳥居があります。上空から見て三角形に見える三つ鳥居「三柱鳥居」です。三柱鳥居があるのは元糾の池で、ここが松尾大社の大山咋神と賀茂玉依姫の神婚の場所だといいます。松尾大社は秦氏が創始した神社です。が、祭祀者の先祖は饒速日命(彦火明神)になっています。


 秦氏が創始したもうひとつ有名な神社は、「伏見稲荷大社」です。祭神は宇迦之御魂神・佐田彦大神・大宮能売神・田中大神・四大神です。大宮能売神は天宇受売命と同じ神で、佐田彦大神は猿田彦と同神です。佐田彦大神は出雲の佐田神社の祭神で、また猿田彦としては伊勢神宮に至近する猿田彦神社に祀られています。佐田大神の神話は道主日女が天目一箇神の子を生んだときの逸話とよく似ています(賀茂別雷神の出生話も似ていますね)。「出雲国風土記」によれば、神魂命の娘である支佐加比売(大国主を助けたキサカイヒメ?)が身籠っている子を生むため、加賀の潜戸に籠ります。比売は「我が御子が麻須羅神の御子であるならば、なくなった弓矢よ、出てこい」と念じます。流れてきたのは角の矢で、生まれた佐田御子神は「これはわたしの矢ではない」と投げ捨てます。次に流れてきたのは金の矢でした。御子神は「なんと暗い窟であることか」と矢を射通し、加々とした光が洞窟に溢れました。ここから、佐田御子神とその父が太陽神であることが解ります。「記紀」に出てくる猿田彦神も、目が「加々として」とあります。





神功皇后と瀬織津姫~地母神~





 伝説では、神功皇后は新羅を攻め百済と誼を通じました。神功皇后が「わが親交する百済の国は天の賜り物である。人為によるものではない。見たこともない珍しいものなど、時を置かず献上してくる。自分はこの誠を見て、常に喜んで用いている。わたしとおなじくわたしの後々までも恩恵を加えるように」と、皇太子(応神天皇)と武内宿禰に言います。神功皇后は百済とかなり親密であり、彼女がいたからこそ、呉織・漢織が渡来したのではないでしょうか。宇佐神宮と秦氏は大きく関係しているといわれています。


 住吉神の妃伝説がある加太淡嶋神社を祀ったのは、神功皇后でした(正確には、切っ掛けを作った)。新羅遠征の途中、神功皇后一行は嵐の海に流され、紀の国の友が島に流れ着きました。皇后は島に少彦名神の小祠を見つけ、奉幣したといいます。北九州には比売語曽の女神が渡来したという伝説があり、彼女は新羅の王子(天日槍・都努我阿羅斯等)から逃れてきた童女です。神功皇后の母方の祖は天日槍です。だからか、神功皇后の別名は「辛国息長大姫大目命」です(福岡県香春神社の由緒より)。「辛国」は「韓国」でしょうか。宇佐神宮の祭祀を行ってきた家である辛嶋氏の祖は素戔鳴命の子・五十猛神の子孫で、五十猛神は新羅から木の種を持ってきた植樹の神様です。淡嶋願人伝説の出元は、神功皇后かもしれません。


 神功皇后伝説は北九州にある土俗の「聖母子神(神母)信仰」の影響を受けているといいます。「聖母子といえば、西洋では聖母マリアとキリストです。聖母マリアは地母神イシスやキュベレーがもとに出来、金星ともいわれています。また、天照大神荒魂である瀬織津姫も金星(天白・大将軍)です。日本の他の地にも「神母」を祀っている神社があり、祭神は保食神や倉稲魂命、国常立神です。「神母」は、もとをただせば地母神です。聖母マリアは背後に地母神を隠していて、瀬織津姫は神功皇后の仮面を被っている(被らされている)のかもしれません(それとも、住吉神みたいに「現人神」となって現われた? 笑)。――神功皇后に関する話は作り物めいていて、実在の人物ではないかもしれません。猪名川の女神と武庫川の女神は……どうだろう? 同じ神様でしょうか。両方とも養蚕の女神なので、可能性はあるかもしれません。


 「住吉大社神代記」で住吉神と「密事」したのは、「天照大神荒魂」だったのかもしれませんね(笑)。


 基本的に、「住吉大社神代記」にしても「風土記」にしても、当時の権力者に睨まれないように作成されていると思います。権力者に楯突かないように、それでいて少しでも真実を伝えようと頑張っているように見えます。


 神功皇后に関しては、まだまだ突っ込むところがあるので、近いうちに纏めます。




スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://ashera.blog105.fc2.com/tb.php/22-87a75e73

右サイドメニュー

BlogPet

ブログ内検索

ぶろぐにゃんこ

マウスでクリックしたり、ドラッグして顎の下を撫でて上げて下さい。ごろごろ鳴きますvv。

クリック募金

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。