徒然草紙~神社とか小説とか~

神社仏閣巡り・小説・歴史考察・石談義など、ごった煮ブログです。ちょっとトンデル時もあります(笑)。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

否定するべきものなど、何ひとつない

 こころの痛み、悲しみ、怒り、嫉妬……スピ世界では「エゴ」と見なされ、手放さなければならないとされているものだけど、その感情は否定するべきものじゃない。

 悲しみ・苦しみ・怒り・嫉妬と直に向き合い、じっくり味わってみたらいい。その感情がどうして、なぜ出てくるのか、吟味してみたらいい。
 そして、その感情を噛んで噛んで味わったらいい。
 その感情が出てくる原因があるのなら、そこを注視し、「自分の傷」を暖かい目で認めたらいい。傷を癒さねばならないなら、医者なりカウンセラーに掛かるなりして、癒す手段を探ればいい。
 怒りつくし泣きつくしたら、冷静に感情を見られるようになる。
 どうしても嫉妬をやめられないなら、とことん嫉妬すればいいんじゃない? それを何かで実行して、人を苦しめちゃいけないけど。
 そして、そんな自分を責めちゃいけない。
 抑圧された感情は、最もあってはならない形で爆発するから、それだけは避けるべき。下手したら人格を歪ませ、良心を持たなくなってしまうから。


 怒れる気持ちも、辛く悲しい過去も、すべてが糧。
 「自分」という「個」を構成する「大事な経験」なんだから。


 ネガティブな感情を知った分、人は人に共感できる優しい人間になれる。
 そして、「リアルな感情」を感じている間は、「誰にも支配されない、自分を生きている」ことにつながる。




………………………………

何じゃこの散文は(汗)。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://ashera.blog105.fc2.com/tb.php/226-70050fae

右サイドメニュー

BlogPet

ブログ内検索

ぶろぐにゃんこ

マウスでクリックしたり、ドラッグして顎の下を撫でて上げて下さい。ごろごろ鳴きますvv。

クリック募金

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。