徒然草紙~神社とか小説とか~

神社仏閣巡り・小説・歴史考察・石談義など、ごった煮ブログです。ちょっとトンデル時もあります(笑)。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大国主命の室屋に関するサイト

 前の日記サイトに書き込み下さった方が、「鵜鷺峠の洞窟(大国主命の室屋)」に関するサイトを教えてくださいました。


 「黄泉の穴考」 (「たいしゃ情報総合サイト」様内)


 なんでも、「大社歴史を学ぶ会」さんが新・黄泉の穴(大国主命の室屋)を探検されたらしく、そのときの記録が写真付きで載っています。

 ……確かに、わたしも写真を見た感じ、ちょっと不気味かな、と思いました(意味ありげなオーブも写ってるし……。汗)。


 本当にここで大国主命他幾人の命が落とされたのかは解りませんが、そういうことがあってもおかしくなさそうな磐屋です。
スポンサーサイト

*Comment

こんにちは。_alt_str_i_F9C8.gif_ 

ぇ…。

不気味なオーブが写ってるんですか~。?

見たいような、見たくないような。?

見てみます。
  • posted by 美琴 
  • URL 
  • 2008.07/08 18:33分 
  • [Edit]

ヤッパ… 

改めて内容を拝見し、止めておきます。(^_^;)
  • posted by 美琴 
  • URL 
  • 2008.07/08 18:35分 
  • [Edit]

止めといたほうがいいです(汗) 

「謎の出雲帝国」に書かれていることが本当なら、怨霊の洞窟かもしれませんし(汗)。
見ないのが無難です。
  • posted by 長谷川彰子 
  • URL 
  • 2008.07/08 18:42分 
  • [Edit]

滝汗…。 

怨霊の洞窟って!!

ムッチャクチャ怖い!!

(>_<)

長谷川彰子さんは、平気だったの?

悪霊退散~!悪霊退散~!

(爆)
  • posted by 美琴 
  • URL 
  • 2008.07/08 20:35分 
  • [Edit]

うん、まぁ 

実際行くわけではないし、見ただけで何か感じるほど霊感はないので、大丈夫でした。

……というか、内部がどうなっているか知りたかったので(一生見られないと思っていた)、ちょっとした感慨とともに見ていました。
  • posted by 長谷川彰子 
  • URL 
  • 2008.07/08 20:55分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://ashera.blog105.fc2.com/tb.php/240-4cc608a1

右サイドメニュー

BlogPet

ブログ内検索

ぶろぐにゃんこ

マウスでクリックしたり、ドラッグして顎の下を撫でて上げて下さい。ごろごろ鳴きますvv。

クリック募金

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。