徒然草紙~神社とか小説とか~

神社仏閣巡り・小説・歴史考察・石談義など、ごった煮ブログです。ちょっとトンデル時もあります(笑)。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日帰りゲリラ出雲大社

出雲大社
(今回はデジカメ写真を撮らなかったので、一昨年に撮った本殿写真を載せます。汗)


 8月11日、日帰りで出雲大社に行ってきました。
 現在、出雲大社では60年に一度の御本殿特別拝観が行われているのですが、奇跡的に11日朝京都発と夕方出雲市発の高速バスに空きがあったので、往復葉書で整理券をゲットし出かけました。


 当日、高速バスに乗り込んだのはいいものの、吹田から池田まで中国道が渋滞とのことで、到着時刻が遅れるんじゃないかとヒヤヒヤしました(^o^;)。
 でもなんとか定時に出雲市に到着したので、そのまま出雲大社行きの路線バスに乗り換えました。


 出雲大社に着いたのは、わたしが御本殿にあがる予定時刻・午後2時30分より20分くらい前でした。
 出雲大社の方々が参拝者のために用意してくださった仮説テントにもぐりこみ、しばらく順番待ちしてから八足門前の受付を受け、本殿に上がりました。


 前の人たちとの兼ね合いで途中途中止まりながら、御本殿を一周し、正面から八雲の図を見ました。
 まるで昨日塗られたかのように鮮やかな八雲と、わずかに垣間見える大国主神の御神座が印象的でした。


 参拝が終わってからお昼の出雲そばを食べ、出雲大社バスターミナルから出雲市行きバスに乗り、5:00の高速バスに乗車しました。


 わたしが出雲にいたのは、結局4時間ほどで、あとの時間は全部高速バスのなかという一日でした(爆)。


 一応、ネックとなる服装のことを書いておきます。
 わたしは白のシースルーのブラウスに、紺のキャミソール、黒の綿パンツに黒の紐無しスニーカーで行きました(御本殿にあがるときは、ブラウスの前ボタンを留めていました)。
 わたしの服装はこんな感じですが、女性は丸襟のカットソーに膝下からロングのスカートや、ブラウスにパンツの方が多かったです。
 女性の場合、スパッツ(レギンス)、サンダルやミュールは不可です(一応スカートは膝下までという決まりでしたが、短い人もいました。汗)。
 男性は襟付きシャツにスラックスでなければ入れないようです。
 大社の方は男性陣に、しきりにシャツをズボンに入れるよう仰っていました。
 男女ともに、ジーンズ素材の服はアウトです(でも、参道を歩いているとき、何故か沢山ジーンズの方を見ました。普通の参拝客だったのかなぁ。笑)


 滅多にないものを見せてもらえて、本当によかったです。



 本殿や八雲などに関する詳しいサイトはこちら: 出雲大社御本殿特別拝観 (しまね観光ナビより)
スポンサーサイト

右サイドメニュー

BlogPet

ブログ内検索

ぶろぐにゃんこ

マウスでクリックしたり、ドラッグして顎の下を撫でて上げて下さい。ごろごろ鳴きますvv。

クリック募金

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。