徒然草紙~神社とか小説とか~

神社仏閣巡り・小説・歴史考察・石談義など、ごった煮ブログです。ちょっとトンデル時もあります(笑)。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えーんか、こんなんで(汗)

 右京と隆信の初ラブシーンが、レ◎プって!
 をいをい、いーのかよ、と自分に突っ込んでしまいました(大汗)。


 藤原隆信は、「桜と喪失の10題」のひとつ「愛しい人の面影桜」に登場する西行の友人・寂超(藤原為経)の息子で、母は美福門院加賀です。
 寂超が出家してしまったので加賀は藤原俊成と再婚し、「小倉百人一首」を選定した藤原定家や、女流作家として有名な健寿御前などが生まれました。
 だから、隆信は定家の異父兄なんです。
(今はもう直しましたが、一話目に隆信は俊成の子と書いてしまいました。一度は自作に本当の父親を書いているのに……。汗)


隆信家族関係


 で、右京との関係がまたややこしく、右京の母・夕霧は右京の父・藤原伊行と再婚する前に藤原俊成と結婚していて、尊円(天台座主・慈円と友人だった)と式子内親王の女房・中将(彼女は資盛の弟である清経や、建礼門院の弟である重衡と愛人関係にあった)を生んでいます。
 ということで、尊円と中将、定家と健寿御前は異母兄妹になります。
 尊円は「花びら降る降る」にも出てきますが、中将はどうかな……といった感じです(汗)。


右京家族関係


 そういうことを総括して考えれば、隆信と右京は親戚みたいな感じになるんでしょうか。
 隆信と夕霧は知り合いだったかも~~? と思っています。


右京大夫の関係図




 で、何で隆信と右京の初めての交渉があんな感じになってしまったかは、ノリ……じゃなく、

「こえぬればくやしかりけれ逢坂を 何ゆゑにかはふみはじめけむ」
(なんでわたしはこの人と寝ちゃったんだろう。なんだか悔しいわ)

 という意味深な歌からそうしちゃったんです(いや、ふたりがいい感じに結ばれる情景が思いつかなかっただけという裏も。爆)。
 資盛という決まった相手がいながら、相手に乗せられ、ずるずると歌を交わし続けたバチがあたったと解釈しています(笑)。


 このあと右京と資盛、隆信の三角関係がどうなるかは……自分でもワカランです☆。
(てゆーか、資盛違う女に手を出しちゃってるし。汗) 
スポンサーサイト

右サイドメニュー

BlogPet

ブログ内検索

ぶろぐにゃんこ

マウスでクリックしたり、ドラッグして顎の下を撫でて上げて下さい。ごろごろ鳴きますvv。

クリック募金

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。