徒然草紙~神社とか小説とか~

神社仏閣巡り・小説・歴史考察・石談義など、ごった煮ブログです。ちょっとトンデル時もあります(笑)。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯周病・その後

昨日、歯科医に行ってきました。

歯のレントゲンを撮られ、歯科衛生士さんに歯周ポケットの深さの測定と、出血テストによる炎症の度合い、歯の動揺度を見られました。


歯周ポケットの深さ、10mmを越える部分もあったので、わたしの歯周病度は中度から重度の状態です(つまり、ひどい状態w)。

レントゲンの結果(つまり、歯槽骨の破壊具合)に関しては何も言われず、揺れていた歯の動揺度も抜歯しなくてはいけないほどではなかったらしく、しょっぱなから超音波スケーラーで分厚い歯石をガリガリ削られましたw。


その後、歯茎の炎症を止める軟膏を出されることもなく、うがい薬で地道に歯茎を治すことになりました。


でも、超音波スケーラーっていいですね。
ハンドスケーラーを使っていたときの引っ掛け感とガリガリ感が嫌いで、歯科医に行ってなかったんですから、超音波スケーラーの無感触っぷりは安心していられました。
(まぁ、炎症のあるところや知覚過敏ぎみのところを触られたら、さすがに痛かったw。)


でも、最後のルートプレーニングはハンドスケーラー使用らしいので、それは不安ですが(汗)。



歯周病は歯周病菌に歯槽骨を破壊され、有無をいわさず歯が抜けてしまう病気です。
万人につきものの病気で、虫歯にならないからといって歯科医に行かないと、やばいことになりがちです。

なので、わたしのようになりたくなかったら、こまめに歯科医に行って歯石とりしてもらってください。



……わたしの歯がいつまで温存できるか解りませんが、できるだけ長く残す努力をしたいと思います。
(つまり、歯科医通いは永久に続く~~。笑)
スポンサーサイト

右サイドメニュー

BlogPet

ブログ内検索

ぶろぐにゃんこ

マウスでクリックしたり、ドラッグして顎の下を撫でて上げて下さい。ごろごろ鳴きますvv。

クリック募金

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。