徒然草紙~神社とか小説とか~

神社仏閣巡り・小説・歴史考察・石談義など、ごった煮ブログです。ちょっとトンデル時もあります(笑)。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彦火明神のこと(暫定版)






 彦火明神……彼に関しては、探れば探るほど、なんというか……闇のなかに行ってしまいます。


 彦火明神は、丹後のサンカ・ホアケ隼人の先祖らしいです。


 ちなみに、瀬織津姫は八瀬童子の祖神だとか(「わが悠遠の瀬織津比売」より)。


 サンカといえば……闇の歴史に繋がってきますね。


 ただ、彦火明神は慎重に調べなければ、事実の取り違えをしてしまいかねません。


 彦火明神の異名同神とされる神は、以下のとおりにあります。


 ・饒速日命


 ・猿田彦命


 ・天目一箇神


 ・賀茂別雷神


 ・大物主神


 ・大年神


 彦火明神=饒速日かどうかは、わたしは疑問が……(汗)。


 大国主神の子孫の方の口伝の本、「謎の出雲帝国」によれば、饒速日という人物はいなかったともあります。上記本に、出雲神族の系図があります。火明サンの名前もあがっています。長髄彦は阿遅鋤高日子根の子孫で、阿遅鋤さんの弟として出ている火明さんとは、世代が違います。


 籠神社先宮司・海部穀定氏著の『元初の最高神と大和朝廷の元始』では、彦火明神と饒速日は別人とあります。


 上記の本には、天照国照神と彦火明神も別神とあります。や、ややこしい……(>_<)。


 出雲神族とサンカは大きく関係があると、「謎の出雲帝国」にはありました。


 で、猿田彦神=彦火明神。


 猿田彦神は、出雲神族の先祖・クナトノ神のフェイクらしいです(「謎の出雲帝国」より)。


クナトノ神は神というよりシュメールから日本に渡来した酋長のトップで、アラハバキである弁才天(市杵島姫・狭手依姫・天鈿女命)の対神です。


 ……なんか、ちょっとトンデモなような(汗)。


 トンデモついでにいえば、猿田彦神(クナトノ神)はアプロディテと不倫して両性具有の子を生んだヘルメス(メルクリウス=ローマ版道祖神)と通じているような。アプロディテ=イナンナはインドでサラスヴァティーになり、日本で市杵島姫に変化しています。偶然なのか何なのか(いえ、何となく書いているだけなので、読み飛ばしてやって下さい。汗)。


 クナトノ神は多分、国常立神と同一神で、籠神社では真名井神社に祀られているのではないでしょうか。またの別名は熊野大神です。


 彦火明神と猿田彦……というかクナトノ神が同一かは、非常に微妙というか……わたしには解りません(汗)。


ただ、彦火明神の妃である天道日女(海部氏勘注系図では大国主神と宗像の多岐津姫の子。先代旧事本紀では天日神の娘)・狭手依姫(市杵島姫)は弁才天女です。限りなくあやしいです。


 彦火明神=天目一箇神は、「古代海部氏の系図」にありました。


 賀茂別雷神は籠神社に同神説があるので、クリアです(ついでに、松尾大社の大山咋神も。別雷神は火雷神=大山咋神の分霊と考えられます。それに、松尾大社の祭祀者の祖が饒速日とありました。が、饒速日=彦火明神かどうかはあやしいし、なんともいえません)。


 大物主神は……なんだか、わたしはとっても言いにくいのですが(汗)。


 三輪山は太古からの太陽祭祀の山だというのは間違いありません。籠神社も大神神社も元伊勢なので、可能性はあります。


 もっと解らん! なのは、大年神です。


 伊勢内宮別宮の伊雑宮の神は、大年神との説もあります。伊雑宮の氏子の人は、伊雑宮の神を「アマテルさん」・「テンショウさん」と称しているらしいです。


 上の表記は、「ほつまつたえ」の男性天照大神の名称でもあります。





まぁ、なんというか……謎が謎を呼ぶ、彦火明神です(苦笑)。




スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://ashera.blog105.fc2.com/tb.php/28-83e739c7

右サイドメニュー

BlogPet

ブログ内検索

ぶろぐにゃんこ

マウスでクリックしたり、ドラッグして顎の下を撫でて上げて下さい。ごろごろ鳴きますvv。

クリック募金

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。