徒然草紙~神社とか小説とか~

神社仏閣巡り・小説・歴史考察・石談義など、ごった煮ブログです。ちょっとトンデル時もあります(笑)。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秀秋の立場って微妙

 前二回の記事は物の見事にブッチしていて、あとから自分の自重のなさにアイタタタ……ってなりました(汗)。
 痛い性格丸出しの記事だけど、書いちゃったものは仕方がないし、そのまま置いておこうかなぁ(汗)。



 それはそうと、昨晩の大河を見ていて、小早川秀秋って本当に微妙な立場にいたひとだよなぁ、と思いました。
 毛利関係の史料からは、秀秋邪魔オーラがむんむん出ているんですが、秀秋だって来たくて小早川に来たんじゃないだろう、と。
 むしろ、豊臣・徳川・毛利に挟まれ、結構難しい立場に居たんだろうなぁ、と思うんです。




 推測の粹を出ないけど、秀秋は「毛利の空弁当」やらかした吉川広家と通じていて、だから徳川に行っちゃったのかなぁ、と考えていたりします。
 あと、輝元も本気で西軍に呼応していたのか疑問だったり。あくまで、毛利にとって利があるように動いていたりして。
 ……ここらはまだ全然勉強が足りないので、もっと資料読んでみます。




 まぁ、今年の大河は、本当に内容が頭に入ってこなくて、どーなのよ、と常々思っています。スイーツだとか言われていた去年の大河のほうが、ちゃんとストーリーを理解できたよ(汗)。
 個人的に、食うか食われるかの戦国時代を時代背景にして、「愛」と「義」を第一議にされても、リアリティがないっていうか。
 やっぱり、「家名と血脈を残すこと」が一番大事なんじゃないかと思うんですが。
 あと、大河「毛利元就」の尼子経久のセリフ

「謀事多きが勝ち、少なきが負ける(=謀略が巧みでないと死ぬぞ)」

 は、まんま戦国の世って感じがします(このセリフを言った故・緒方拳さんに痺れました///)。



 あと、前の記事とは関係なしに、汚れたところのない完全完璧人間っていうのが、どうにも好きになれないというか。
 というか、これはリアリティの問題ですね。高尚でないわたしのちっぽけなのーみそでは理解できん(笑)。
 人間は成長するうちに世の中の欺瞞や不条理を知っていくから、どうやったって綺麗なままではいられないと思うんですよ。汚れを知ることが、=大人になるというか。
 それと、ある程度の成長した自我ができるまでは、子供は善悪の判断がつきにくく、残忍性を持ってたりしますしね。




 だから、完全無欠の善キャラはリアルさが希薄なんです。わたしは台本をしゃべらされてる人形みたいな兼続に、感情移入できないです。
 まぁ、某先生の蘭陵王は、兄達が殺されたとき何も言わなかったのはある意味保身なわけだし、そういう意味では普通の人なんですが。
(っていうか、この部分は北斉書まんまだったわ。汗)
 孝エンや延宗が泣いたのは、立場や性格的に黙っていられなくなったのが大きいと思うんですが。




 うぅん、もっといい脚本の大河が見たいなぁ……(汗)。
 ヤフオクで買い漁ったいろんな大河の総集編でも見ようかなぁ。
スポンサーサイト

右サイドメニュー

BlogPet

ブログ内検索

ぶろぐにゃんこ

マウスでクリックしたり、ドラッグして顎の下を撫でて上げて下さい。ごろごろ鳴きますvv。

クリック募金

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。