徒然草紙~神社とか小説とか~

神社仏閣巡り・小説・歴史考察・石談義など、ごった煮ブログです。ちょっとトンデル時もあります(笑)。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分用メモ・乃美宗勝と村上水軍

 「隆景の妻」に登場する、小早川枝族である乃美宗勝と、瀬戸内を取り締まる海賊だった村上武吉が血縁関係にあると誤解されていることがあるため、ちょっとメモしときます。
(自分でもごっちゃになるんだよ……。汗)



 まず、因島村上水軍と乃美宗勝は血縁にあります。
 宗勝の妹(浦賢勝の娘)が、村上吉充と結婚しています。この吉充の弟が、坪生要害戦で力を貸してくれた因島水軍の将・亮康(祐康)です。



 で、村上武吉と乃美宗勝は、縁者ではありません。
 確かに、村上武吉のおじさんに「宗勝」というひとがいますが、これがまったく別人です。
 村上武吉の父・義忠の弟に隆重というひとがいますが、彼の改名前の名が「宗勝」でした。



 詳しく資料を見ていくと、能島村上氏と因島村上氏は深いつながりがあります。
 義忠・隆重兄弟の兄に義雅というひとがいます。
 彼は因島村上氏三代目・吉充の娘と結婚していまし。
 この吉充は、乃美宗勝の妹と結婚した村上吉充の曾祖父になります。ゆえに、宗勝妹を妻にした吉充は六代目になります。
 因島三代目吉充の娘と能島義雅の間に生まれたのが、村上武吉と家督争いをする村上義益です。
 さらに、因島三代目吉充の妻は、義益・武吉の祖父・隆勝の妹です。なので、義雅とその妻は従兄妹になります。
 だから、武吉以上に、義益には因島村上氏の影響が強かったと思われます。



 ついでといってはなんだけど、乃美氏と浦氏の関係も。



 乃美弘平の弟が浦賢勝で、賢勝は浦氏と養子縁組しました。
 だから、弘平の息子である隆興と、賢勝の息子である宗勝は従兄弟です。
 うちのところでは、毛利元就の側室である乃美大方は隆興の娘となっていますが、隆興の姉か妹だという話もあります。年齢的には、隆興の姉妹が妥当かなぁ。



 三島村上氏については、「隆景の妻」を書き始めた当初不勉強なことが多く、能島村上氏を村上水軍のボスみたいに書いてしまいましたが、本当は能島・因島・来島とてんでばらばらみたいです。


 因島村上氏は大内方に臣従しており、来島村上氏は伊予・河野氏に従っています。
 能島村上氏は……誰にも従ってないな。家のなかもばらばらだし。
 村上武吉の母は平岡氏で、この家は河野氏枝族です。で、武吉の妻は来島通康の娘ですが、通康の妻は河野通直の娘です。だから、武吉の妻は河野通直の孫になる?
 が、武吉の伯父である村上隆重は大内に仕えてますし……微妙な感じです。
 武吉と家督を争った村上義益の母は因島三代目吉充の娘で、因島六代目吉充の妻が浦賢勝の娘。この浦賢勝は大内に仕え、大内義隆が陶晴賢に殺されたあと、賢勝は晴賢のもと戦っていたりします。
 という感じで、能島村上氏はすごくややこしいですが、あとで小説の間違いを書きなおしておきます(汗)。




 何にしても、村上水軍はおもしろいです。気骨ある能島村上氏がいいです。
スポンサーサイト

右サイドメニュー

BlogPet

ブログ内検索

ぶろぐにゃんこ

マウスでクリックしたり、ドラッグして顎の下を撫でて上げて下さい。ごろごろ鳴きますvv。

クリック募金

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。