徒然草紙~神社とか小説とか~

神社仏閣巡り・小説・歴史考察・石談義など、ごった煮ブログです。ちょっとトンデル時もあります(笑)。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ版「里見八犬伝」感想



えと、もう気付かれているかもしれませんが、有間小説を二日に更新しました。


携帯サイトのほうの更新は、来週になりますので、チェックお願いします。また携帯メルマガを発行しますので、それを見てからサイトにアクセスしていただいてもかまいません(^o^;。





それはそうとテレビドラマ版「里見八犬伝」、いいところ悪いところ半々でした。


あれ、ここ日本? モンゴル? な撮影場所や中華アクション映画な殺陣、アジ●ンスの人が出てる「HERO」と錯覚してしまう日本離れした衣裳とか、わたしからすれば正直痛かったですが(汗)。


「南総里見八犬伝」自体、好きなんですよ。……実は、深作欣二監督の角川「里見八犬伝」がきっかけでしたが(^o^;。


あ~~やっぱりツッコミのほうが多いかな。八犬士誕生の因縁がある八房がでてなかったし、浜路と浜路姫がいっしょくたになってたし。


それより、犬坂毛野は女優さんがやらなきゃムリだったかなぁ(汗)。美男子が女装して仇を騙して討つという設定に萌えてたもんだから。





ここまで書くとバレバレになってそうですが、燐佳羅のキャラクターのヒント(というかインスパイア)になったのは、犬坂毛野だったりします(爆)。


だって、どう考えてもオイシイし。


まんまだったらシャレにならないので、自分のオリジナリティも充分出しましたが。


完結して一年だから、そろそろ内輪話を暴露してもいいですよね?(←よくないよくない!)




スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://ashera.blog105.fc2.com/tb.php/35-9dfb6ca5

右サイドメニュー

BlogPet

ブログ内検索

ぶろぐにゃんこ

マウスでクリックしたり、ドラッグして顎の下を撫でて上げて下さい。ごろごろ鳴きますvv。

クリック募金

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。