徒然草紙~神社とか小説とか~

神社仏閣巡り・小説・歴史考察・石談義など、ごった煮ブログです。ちょっとトンデル時もあります(笑)。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出雲旅行総括






 8月23日~25日までの間、出雲旅行に行っていました。


 例によって交通手段は高速バスで、楽チンに行けました。


 途中、大山の麓を通るのですが、いつものごとく山頂は雲の傘が掛かって見えませんでした(^o^;。


 一日目は加賀の潜戸に行きました。





f:id:ashetora:20050721092726j:image:small (松江観光HPのフリー写真を借用。笑)





 佐太大神誕生の地である新潜戸は、既に別業側のメルマガで舞台にしてまして、表側でもそのうち書かなきゃいけないところです。


 佐太大神の母神である支佐加比売(きさかひめ)は父の解らない子を身籠り、潜戸を産所に選びますが、なかが余りにも暗かったので、


「もしもわが子が摩須羅神の御子であるのなら、無くなった弓矢よ、出てこい」


 と呪を掛けます。すると金の弓矢が流れてきたので、姫神は「なんと暗い岩屋であることよ」と岩壁を矢で射ぬきます。


 ……と、このように神掛かった場なのですね。


 が、普通の漁船に小さなグラスボートと簡易的屋根を付けた船での探索だったので、波が高くてメチャクチャ怖かったです(οдО;)。


 船頭さんが「毎回命がけ」みたいなことを言うから、怖さ倍増です(笑)。


 しかし、澄み切った青い水面は美しく、岸壁から滴れる潮水(確か、母の乳水だっけ)や佐太大神生誕地にある鳥居など、神秘的でした。


 あと、海から見た洞穴と入り口は女陰のようで、なんだかイヤンでした(*/ω\*)。姫神の弓矢に纏わる話も、日光感精神話(つまり、性交を象徴化したお話)だしなぁ……。


 もう一方の潜戸、「旧潜戸」は別名「塞の河原」で、下船して産道のような真っ暗な道を通って入っていきます。


 そこには、石を重ねた小塔に古びたお供え物が、いかにもな雰囲気を漂わせていました。怖いのなんのって!


 現場に置かれている看板には、


「古代海人の女が子を産むのに海食洞窟を使い、死産した場合はその場で埋めた」


 とありました。


 なるほどなぁ……と読みました。


 色々総括して、潜戸の伝説は母なる海の物語なのだと思います。


 旧潜戸は母の子宮で、父母と早くに死に別れてしまった子達は、お地蔵さん(=塞の神・道祖神=父なる男根)に護られて今一度母から生まれるのを待っているのだろうなぁ、と思いました。


 そしてそれは新潜戸とも無関係ではないのだ、とも思いました。


 一日目の観光はこれで終わりで、定宿の「佳翠苑皆美」に入りました。いつものごとく丁寧なサービスでご飯も美味しく、とても快適でした。


 二日目は出雲大社に行きましたが、出雲井社は今回も行けていません(汗)。





f:id:ashetora:20060930165038j:image:smallf:id:ashetora:20060930165040j:image:smallf:id:ashetora:20060930165039j:image:small





 夕刻に「いずもまがたまの里伝承館」に行き、念願だった出雲青石の献上勾玉をゲットしました(≧▼≦)。





f:id:ashetora:20061001132040j:image:small








 三日目は「中海観光ルートバス」に乗って美保神社に行きました。いつもながら、ここは善い波動を発しています。





f:id:ashetora:20060930165407j:image:smallf:id:ashetora:20060930165406j:image:small





 参拝が終わってから、宇井渡船場から境港に渡り、お昼ご飯を食べに行きました。……が、漁港だからと新鮮な魚を求めてやってきたのに、出てきたお刺身はさばいて時間が経ったもの……え~~ん!


 三時には行きと同じバスに乗って松江に帰りました。


 以上が今回の旅行ですが、まだまだ出雲病は治りません!


 須佐神社まだ行ってないし! 古代出雲歴史博物館もできるし! やっぱ皆美好きだし!


 まだまだ何遍もリピーターすると思います。




スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://ashera.blog105.fc2.com/tb.php/45-a24fbcac

右サイドメニュー

BlogPet

ブログ内検索

ぶろぐにゃんこ

マウスでクリックしたり、ドラッグして顎の下を撫でて上げて下さい。ごろごろ鳴きますvv。

クリック募金

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。