徒然草紙~神社とか小説とか~

神社仏閣巡り・小説・歴史考察・石談義など、ごった煮ブログです。ちょっとトンデル時もあります(笑)。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

饒速日命の足跡・京都版






なんか、このタイトルは適当じゃないような気がしますが……(^o^;。


明日、松尾大社に行こうかな、と思っています。


が、蚕の社(木島坐天照御魂神社)とセットにして行くか、上下賀茂神社とセットにするか、迷っています。


この四社は、密接な関係があります(個人的には、貴船神社も加わるかな、と思いますが)。


キーワードは、タイトルに出した神様、饒速日命です。


松尾大社の神職の先祖は饒速日命だそうです。松尾大社は秦氏が奉祭した神社として有名ですが、こういう一面もあるみたいですね。


木島坐天照御魂神社も、秦氏と関わりのある神社ですが、この“天照”、とてもあやしいですね。一説には、祭神が彦火明神(=饒速日?)といわれていますし。


この神社の特異さの象徴は三ツ鳥居(三柱鳥居)です。泉の真ん中に磐座があって、そのうえに建っています。この泉の名は、「元糾の池」です。下鴨神社(賀茂御祖神社)の参道のある糾の森の、元地といわれています。


秦氏版・丹塗矢伝説では、秦氏の女が大山昨神である丹塗矢を拾いあげたといいますが、どうでしょう(?_?)。秦氏版のほうでは、元糾の池が伝説の舞台なんでしょうか。


で、賀茂玉依姫がヒロインになっている賀茂氏版の丹塗矢伝説では、糾の森を流れる「瀬見の小川」が舞台です。


賀茂氏といったら、古事記では大物主神が活玉依姫と契って生まれた氏族とありますよ。意味深~~!


ここらへんも、三輪・賀茂族の伝承の混乱の一因? 訳解んないです。


付け足しすれば、貴船神社の祭神は、一説には玉依姫です。独断偏見をブチかませば、この玉依姫は神武天皇母の玉依姫ではなく、賀茂玉依姫だと思います。地形的に、そう考えたほうが自然なような。


賀茂玉依姫の子である賀茂別雷神は、賀茂別雷神社(上賀茂神社)の神様です。


元伊勢籠神社の秘伝では、彦火明神=別雷神とか……。ホント?


トンデモなことを言えば、海部氏と秦氏って、繋がりがあるような気がします。ワタ=ハタかも、と考えています(^^ゞ。


う~ん、極論……。




スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://ashera.blog105.fc2.com/tb.php/5-07269821

右サイドメニュー

BlogPet

ブログ内検索

ぶろぐにゃんこ

マウスでクリックしたり、ドラッグして顎の下を撫でて上げて下さい。ごろごろ鳴きますvv。

クリック募金

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。