徒然草紙~神社とか小説とか~

神社仏閣巡り・小説・歴史考察・石談義など、ごった煮ブログです。ちょっとトンデル時もあります(笑)。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢文と軽く格闘

 というほど、読みこなせていないんですけれどね(^_^;)。
やはり、空海の伝記や歴史を上っ面だけ撫でた本だけでは心許ないので、あるサイトさまのところに掲載されてある漢文「日本後紀」をプリントアウトして、昨日ずっと読んでました。

「日本後紀」の現代語訳版を注文しましたが、多分桓武天皇紀くらいまでだろうし、下巻か何かの淳和天皇紀が出るまで待ってられないので、仕方がないから漢文読んでます。
でも、漢文って難しいですよね。きちんと読みこなそうと思ったら辞書引かなくちゃいけないし(-_-;)。
まぁ、辞書を引かずに漢字のフィーリングで読んでますが(をい)。


にしても……色んなサイトさまのこの時代の記事を読んでますが、藤原冬嗣の没した年が825年(日本後紀では826年)になってたり、恒貞親王の生まれ年が825年(同紀では827年。正子内親王が皇后になった後に生まれている←日本紀略より)になってたりと、「?」という感じです。


「日本後紀」は多くの巻が散逸しているので、他の刊行年が離れていない歴史書で補っています。
なので、もっと確実な書物があるのかもしれません。が、そこまで当たる余力なし……(汗)。



さてと、これから続き書きます。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://ashera.blog105.fc2.com/tb.php/58-c951d4c6

右サイドメニュー

BlogPet

ブログ内検索

ぶろぐにゃんこ

マウスでクリックしたり、ドラッグして顎の下を撫でて上げて下さい。ごろごろ鳴きますvv。

クリック募金

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。