徒然草紙~神社とか小説とか~

神社仏閣巡り・小説・歴史考察・石談義など、ごった煮ブログです。ちょっとトンデル時もあります(笑)。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古代海部氏の系図(金久与一 学生社) 






神社伝承学好きな方なら周知の人物である饒速日命(彦火明命)。


彼を祀っている神社・丹後元伊勢籠神社に継承されている系図「海部氏本系図」と「海部氏勘注系図」を研究した本です。


この系図、今まで見たことのない伝承が沢山羅列されています。


宗像女神が彦火明命の妃だったという他にない伝承があります。


卑弥呼と重なりそうな「日女命」や、古代天皇家と深く関わっていそうな人物(天皇と名前が重なる人物)など、驚きの記事ばかりです。


が、後世に他所の系図から記事を加えたか、自分のところの系図から記事を削ったか、系図が混線していると思われる箇所もあり、読むときに注意が必要です。


色々な意味で、興味深い内容です。



















もしかすると、神社伝承学にのめり込んでいてもここまでは読んでないかな……と、昨今の饒速日命を特集した本やPCサイトを読んで思いました。


この本を読んだり籠神社に実際に行くと。単純に饒速日は須佐之男神の息子である大歳神で、大物主神と同一だといえなくなりますよ。


ましてや、饒速日の子が伊須気依姫(御歳神)とは、もってのほかというか。


長髄彦と御炊屋姫の関係を主に語られますが、他のお妃・天道日女や佐手依比売を深く探っていったら、また違うものが見えてきます。


あと、火明サン(≠饒速日)と出雲の関係は、須佐之男絡みではないと思います。


といいつつ、「饒速日」という名の音の響きは捨てがたいですけれどね(^_^;)。




スポンサーサイト

*Comment

 

意外に注目されてないのは、神話世界での神様の名称の構造。アメノホアカリ(ニギハヤヒと同一神)とニニギ(神武皇統の祖)の父親とされるアメノオシホミミの正式名称は、正勝吾勝勝速日天忍穂耳命。

おそらく、正勝吾勝+勝速日+天忍穂耳命の合体語だろう。天忍穂耳命は身分の名前で、「ミミ」が付いていることから出雲系の影響が強いように思う。
おそらく本名は、勝速日(カチハヤヒ)のほうではないだろうか?

この勝速日(カチハヤヒ)はニギハヤヒに近いことから、やはり、アメノホアカリとニギハヤヒは同一神という説は正しいのかもしれない。

だとすると、ニニギの子孫である神武皇統よりも、ニギハヤヒの子孫である物部氏・海部氏・尾張氏のほうが、元々の本家だったのかもしれない。
  • posted by 寄り道 
  • URL 
  • 2007.05/06 05:35分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://ashera.blog105.fc2.com/tb.php/68-d9397bdc

右サイドメニュー

BlogPet

ブログ内検索

ぶろぐにゃんこ

マウスでクリックしたり、ドラッグして顎の下を撫でて上げて下さい。ごろごろ鳴きますvv。

クリック募金

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。